アラジン実写吹き替えはひどい?キャストの歌と声の評価を紹介!

アラジン実写吹き替えはひどい?キャストの歌と声の評価を紹介! 映画
Pocket

今回はアラジン実写吹き替えはひどい?キャストの歌と声の評価を紹介していきます!

5月21日に地上波初登場の実写”アラジン”が金曜日ロードショーで公開されます。

今回は字幕ではなく、吹き替えなのですが、キャストの歌や声がひどいと一部のファンから評価されていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は実写の吹き替えが本当にひどかったのか、キャストを紹介しながら解説していきたいと思います!

 

アラジン実写吹き替えはひどい?

映画の中では、ウィル・スミスがジーニー役を演じていて、映画館で上映中は世界で話題になっていましたが、日本版の吹き替えはどうだったのでしょうか?

 

ツイッターの声

アラジンの吹き替えに関してひどいと言っている方はツイッターを見る限りいなさそうでした。

ですが、公開当初は好き嫌いが分かれていたので、字幕派と吹き替え派の違いだと思います。

私はどちらも好きなので、楽しみです!

 

アラジン実写吹き替えキャストの歌と声の評価を紹介!

吹き替えを担当した方は、ミュージカルに出演経験のある方々ばかりなので、歌が下手すぎる!などの不満の声は上がらなかったようです。

では担当したキャストさんを紹介していきます!

 

アラジン役:中村倫也

ミュージカル舞台経験も多く 、ドラマでも大活躍の俳優さんです。

アラジン役にはオーディションで選ばれているので、歌や声に対する批判はほとんどなく、むしろ高評価でした。

 

ジャスミン役:木下晴香

  • ロミオ&ジュリエット
  • モーツァルト!
  • ファントム

などのミュージカル界を代表する作品に抜擢れるほどの演技、歌声の持ち主です。

木下晴香さんもオーディオで選ばれているので、ファンの中でも特に高評価の歌声でした。

 

ジーニー役:山寺宏一

声優界のレジェンドともいうべき方ですが、ジーニー役をアニメーション版に続き担当しました。

山寺宏一さんが選ばれた時には、アニメーション版でもジーニー役を担当していたこともあり、ファンからは山寺宏一さんでよかった!という声も上がっていました。

 

ジャファー役:北村一輝

悪役ジャファーを演じたのはドラマで数々の悪役を演じてきた北村一輝です。

吹き替えは初めてでしたが、今までの役者経験を生かして素晴らしい声でした。

 

まとめ

今回は、アラジン実写吹き替えはひどい?キャストの歌と声の評価を紹介しました。

大人気ディズニー作品”アラジン”の実写は公開前には絶対無理だと酷評されていたにもかかわらず、公開したら大人気になった作品です。

それが、日本に来た時も同じように吹き替えはひどいに決まっている。

などの前評判もありましたが、キャストの皆さんは歌、声ともにオーディションで合格して選ばれた方々なので、評判はむしろ良かったです。

私も、どうなのかなと少し心配していましたが、作品を見たときには、感動しました。

とてもいい映画でした!

今回も、ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました