レンアイ漫画家ドラマ8話感想はつまらない面白くない?ツイッターと視聴率から評価!

レンアイ漫画家ドラマ8話感想はつまらない面白くない?ツイッターと視聴率から評価 レンアイ小説家
Pocket

今回は、レンアイ漫画家ドラマ8話感想はつまらない面白くない?ツイッターと視聴率から評価していきたいと思います!

後数回でクライマックスを迎えるドラマ、”レンアイ漫画家” ですが、今回の第8話の感想はどうなのでしょうか?

ツイッターでは、面白くないやつまらないなどの声がある反面、面白いと思う方もいるようなのですが、どちらの方が多いのでしょうか?

また、視聴率から、レンアイ漫画家が人気なのか、調査していきたいと思います!

是非、最後までご覧ください!

 

レンアイ漫画家ドラマ8話感想はつまらない面白くない?

フジテレビ系ドラマ『レンアイ漫画家』毎週木曜22時からやっているドラマなのですが、面白くないのでしょうか?

今回は、どのような話だったのか、おさらいしつつ紹介していきます!

レンアイ漫画家8話のあらすじ

7話の最後に、刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)に「本当の恋愛がしたいです。刈部さんと」と告白されて動揺している。

なぜ彼女が自分に恋愛感情を抱いたのか理解できなくてモヤモヤしている。

あいこも、普段通りに振る舞おうことができずに、気まずい状態。

向後達也(片岡愛之助)は、清一郎にマンガ「銀河天使」を「日本漫画大賞」にノミネートを勝手にしたことを伝えられずにいた。

一方で、あいこのバイト先のカフェ店長・二階堂藤悟(眞栄田郷敦)は伊藤由奈(小西桜子)と破局してしまう。

そんな中、向後は家へ向かう道中でレン(岩田琉聖君)を見つける。

その隣にはレンの実の母親である秋山美波(内田理央)の姿があった。

美波「清一郎と古くからの友人」と噓をつき、帰ってくる。

もし美波が戻ってきて一緒に住んでしまっては、マンガ支障が出ると、思った向後達也は美波を追い出す作戦を実行しようと、あいこと一緒に作戦を考える。

はたしてどうなるのでしょうか?

レンアイ漫画家ドラマ8話のツイッターと視聴率から評価!

では、ツイッターの声や視聴率はどうなのでしょうか?

見てみましょう!

ツイッターの声

ツイッターの声は評判がいいようです!

皆さんは、どう思いましたか?

私は、吉岡里帆さん演じるあいこが必死に遠ざけようとしている姿の必死さがとても面白かったです!

また、実の母親のいやな感じがすごく伝わっていて、演技だとわかっていたけれども、イライラしました。

ですが、とても面白かったです!

レンアイ小説家の視聴率は?

 

まだ公開されていませんので、判明次第紹介していきます!

 

まとめ

今回は、レンアイ漫画家ドラマ8話感想はつまらない面白くない?ツイッターと視聴率から評価していきました。

個人的には、今回のドラマ、レンアイ漫画家8話はあいこさんが、なんだかかわいそうだなと思いましたね。

私は、面白いと思いました!

ですが、一定数面白くないやつまらないと思う方もいたようです。

ツイッターの感想の声は全体的に満足しているようです!

また後日、視聴率が公開されましたら、公開していきますね!

今回も、ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました